21st Century Toys Inc. M2 Bradley IFV

スマホでのサイトマップは画面一番上の「MENU」をタップすると「サイトマップ」が出て来ます。

21st Century Toys Inc. M2 Bradley IFV (ブラッドレー歩兵戦闘車)

 

21st Century Toys社1/6サイズ M2 Bradley IFV(ブラッドレー歩兵戦闘車)です。

 

21st Century Toysさん、このM2 ブラッドレーをよく出してくれました!!
お値段もよかったですが・・・(涙)

 

モデルになったのは、ガンポート(銃座)に5.56mm M231 FPW ( Firing Port Weapon)という小銃を左右2門ずつ後ろに2門、合計6門を装備した装甲強化されていない初期型です。

 

【左側】
21stCenturyToysのM2ブラッドレー左側
左側のガンポート2門と2連のTOWランチャーがターレットの左側面に横倒しになった形で装備されています。
TOWランチャーは、発射時には起き上がります。
M2ブラッドレーの初期型なので、側面の装甲強化はされていません。

 

【右側】
21stCenturyToysのM2ブラッドレー右側
右側のガンポート2門が装備されています。
ターレットと車体後部のハッチを開けた状態にしました。
赤外線画像処理装置などのカバーも開けてみました。

 

5.56mm M231 FPWは米軍がベトナム戦争から使用したあの有名なM16シリーズのライフルの改造版で、M16よりも銃身が少し短く、ガンポートに装着するので銃床が無くバッファーチューブが露出した自動小銃です。M16A1やM16A2やM4A1とかはバッファーチューブがレシーバーの後ろに付いていて、ボルトスライドしたときに・・・とかの話になると全く別のお話になってしまうので、ここではこの辺りでやめておきます。

 

要はM2ブラッドレーの装甲が脆弱なので、車両の側面からの攻撃を阻止するために左右3門の銃座から弾丸を沢山撃ち出して弾幕を張って、敵が攻撃しにくくする目的がありました。
M2 ブラッドレー歩兵戦闘車の外部装甲何故脆弱なのかというと、装甲の大部分が軽量化のためアルミ合金製なのです。
運用の結果、ガンポートで車体を守るよりも装甲を強化したほうが良いとなり、左右のガンポートは廃止されて後付けの装甲強化が施されるようになりました。

 

歩兵戦闘車ですから、M2ブラッドレーの搭乗員の他、6名の歩兵が搭乗できるのが基本設計になっています。
派生形ではM3ブラッドレーという偵察に特化した車両もあります。

 

M2ブラッドレーの武装は、M242 ブッシュマスター 25mm機関砲が主砲で、M240 7.62mm機関銃がM242の右側に同軸で装備されています。
その他に、2連のTOW有線誘導対戦車ミサイルがターレット(砲塔)の左側に装備されています。

 

速度は、無限軌道ながら66Km/hとそこそこに速く、米軍主力戦車のM1エイブラムスの速度67km/hとほぼ同じスピードで同伴できる機動性を持っています。
ちなみに、陸上自衛隊の10式戦車は速度が70Km/h、90式戦車も70Km/h出せます。

 

実物のM2との比較では、

 

    実車  ・・・1/6縮尺・・・アクションフィギュア用<縮尺>
車長 6.55m ・・・ 109cm ・・・ 87cm <1/7.5>
車幅 3.60m ・・・  60cm ・・・ 44cm <1/8.2>
車高 3.00m ・・・  50cm ・・・ 37cm <1/8.1> 
    ※およその数値です。

 

車長は少し縮尺が違っていますね。

 

【正面】
21stCenturyToysのM2ブラッドレー正面
TOWを発射可能状態に起こしました。
赤外線画像処理装置などのカバーも開けいます。
初期型にも車体正面には、起き上がり式の装甲強化パネルが装備されていたようです。

 

【後ろ側】
21stCenturyToysのM2ブラッドレー後ろ側1
なかなかリアル感がありますね。細部まで再現されています。

 

21stCenturyToysのM2ブラッドレー
後面の小さいほうのハッチを開けた状態です。

 

21stCenturyToysのM2ブラッドレー兵員室1
後面全面のハッチを開いた状態です。
中に兵員ようの椅子が4脚見えます。

 

21stCenturyToysのM2ブラッドレー兵員室2
兵員室も細部まで再現されているようです。

 

21stCenturyToysのM2ブラッドレー兵員室3
上のハッチを開けて覗いてみたところ。
箱のような物は弾薬箱です。

 

【操縦席】
21stCenturyToysのM2ブラッドレー操縦席1
操縦席のハッチを開けて覗いてみたところです。

 

21stCenturyToysのM2ブラッドレー操縦席2
角度を変えて、、、
操縦のハンドルは多少弾力があって曲がりますが、アクションフィギュアを乗せるときは、細心の注意が必要です。

 

21stCenturyToysのM2ブラッドレー操縦席3
女性の1/6サイズのアクションフィギュアを操縦席に座わらせることができます。

 

【上から】
21stCenturyToysのM2ブラッドレー上から
なかなかサマになっています。

 

【主砲付近】
21stCenturyToysのM2ブラッドレー主砲照準器
主砲のM242 ブッシュマスター 25mm機関砲の外部照準器が付いています。
M240 7.62mm機関銃が曲がって付いています(笑)

 

【ターレットを外して覗いたところ】
21stCenturyToysのM2ブラッドレー車体内部
右上のパーティションのような仕切りは操縦席です。
他には何もないです(笑)

 

【刻印】
21stCenturyToysのM2ブラッドレー刻印
車体裏面の刻印です。
2000年に発売されたことが分かります。

 

【アクションフィギュアと】
21stCenturyToysのM2ブラッドレーとアクションフィギュア1

 

21stCenturyToysのM2ブラッドレーとアクションフィギュア2

 

21st 1/6 M2 ブラッドレーとアクションフィギュア

 

【感想】
細部まで再現されていて品位が高く、一番のお気に入りです。
車長が約87cm、幅が約44cm(左右側面の小銃の出っ張りを考慮すると約50cm)、体重計にうまく乗らないので重さは測っていませんが、10Kg近くはあると思います。
カッコイイのですが、とにかく大きいくて重いので、置き場所は考えなければならないです。
埃を被ってしまったときは、風呂場まで運んでセンシャです(汗)
ユニットバスのバスタブを一回り小さくした位の大きさです。

 

21stCenturyToysのM2ブラッドレー洗車

 

※掲載致しました画像は転載禁止とさせて頂きます。

 

 

 

 

 

[PR]楽天市場