21st Century Toys Inc. 40mm Automatic Grenade launcher Mk19

スマホでのサイトマップは画面一番上の「MENU」をタップすると「サイトマップ」が出て来ます。

21st Century Toys Inc. 40mm Automatic Grenade launcher Mk19 (自動擲弾発射器)

 

21st Century Toys社の1/6サイズ 40mm Automatic Grenade launche (自動擲弾発射器) Mk19です。

 

Mk19の40mmグレネード弾は、小銃用の40mmM204グレネードランチャーには使えないそうです。
先ず、Mk19用は40mm×53mmで、M204用は40mm×46mmで長さが7mm違います。
7mmの位の違いだったら口径が同じなので互換性がありそうですが、初速と威力が格段に違います。

 

対人用のM204の有効射程距離は50mとか30m位ですが、対人・対物用のMk19用は有効射程距離がなんと1500mもあります。

 

初速と威力が格段に違う代物ですから、小銃に取り付けたM204でポン!!と音を立てて発射するのとはワケが違うようです。

 

また、Mk19からは1分間に40~50発のグレーネード弾を発射します。

 

こんなものバカスカと撃たれたら、たまったものではありません。(;'∀')

 

【斜め上から】
21stCenturyToysのMk19
この画像に写っているものがセットになっていました。

 

【左上から】
21stCenturyToysのMk19
なかなか細部まで再現されているようです。
グレネード弾の弾倉には50発程度入るようですが、重さは30Kg位になるそうです。

 

【右上から】
21stCenturyToysのMk19

 

【正面】
21stCenturyToysのMk19
弾倉はMk19に固定されるようになっています。

 

【後ろ側】
21stCenturyToysのMk19
弾倉を固定すると、弾倉が重いので若干左に傾いてしまうことがあります。

 

【弾倉】
21stCenturyToysのMk19
弾倉のホルダーには引っ掛け用の突起が付いています。

 

21stCenturyToysのMk19
Mk19側の鍵穴のような穴に差し込んで引っ掛けて固定します。

 

【感想】
Mk19の細部まで再現されていますので、丁寧に取り扱わないとすぐに壊れそうな感じです。
形は細部まで再現されていて凄く良くできていますが、トライポットの固定がイマイチで安定性はあまり良くないです。

 

コチラモヨロシク!
SF戦記物語「無限友・永遠&桜」のリンク

 

 

[PR]楽天市場